THE HIGH LIFE MONACO

スモールイベント

第十一回 スモールイベント
オンラインチャリティー トンボラ

新型コロナウイルス感染症により
様々な場所で頑張ってくださる方々を支援するため、トンボラを実施。
初の試み、オンライン形式での開催。

開催日:2020年6月20日
開催場所:オンライン Instagramライブ配信

寄付総額:348,000円
寄付先:Thanks Obento Project
    東京都済生会中央病院附属乳児院
    新宿こども食堂

寄付の使い道

一流シェフ・パティシエによるお弁当配達プロジェクト『Thanks Obento Project』は、 新型コロナウイルス感染症により影響を受けている医療機関・こども食堂・シングルマザーシェアハウスなどを支援するため、本来はレストランで使われるはずだった余剰食材を使い定期的にお弁当を配達。
今回、ハイライフモナコのために、モナコをテーマにしたおかずも考案くださりました。

参加者からのコメント

今回初めてトンボラチケットを購入しました。
お手伝いできることがあれば是非教えてもらいたい。
(日本:40代女性)

トンボラチケット購入は寄付をしたつもりでいたため、当選してダブルで嬉しい!
(日本:50代女性)

欲しかった商品が当たり本当に嬉しい。楽しみながら参加できるので今後も継続していきたい。
(日本:30代女性)

第十回 スモールイベント
チャリティーパーティー

カ―ル・ラガーフェルドがデザインを手掛けた空間で
カクテルパーティーを開催。
トンボラや、バンドによる生演奏もおこなわれた。

開催日:2019年10月11日
開催場所:ホテル メトロポール モンテカルロ オディセイ(モナコ)
参加者:70名

寄付総額:3,3680ユーロ(約46万円)
寄付先:Snapper Pour Tous

寄付の使い道

モナコ海洋博物館の子供向け教育プログラムとして、8歳から12歳までの子供たちを対象に、海と海の生き物に焦点を当てた様々なゲームやアクティビティが提供される。

参加者からのコメント

欲しいと思っていたカール・ラガーフェルド限定品、クリストフルの銀食器セットが当たりとても嬉しい!
(フランス:50代男性)

カール・ラガーフェルドに扮したジプシークイーンズの演奏がノリノリで、たくさん踊って楽しいひと時でした。
(ロシア:40代女性)

ウィトック氏やカルカーニョ氏のスピーチが素晴らしく、印象に残った。これからも海洋保全のためお手伝いをしたいと思う。
(イタリア:40代男性)

第九回 スモールイベント
チャリティーパーティー

寄付先でもある Blue Earth Projectメンバー学生3名から、
今春にモナコ研修を終えた感想スピーチもおこなわれた。
今回もトンボラを実施。

開催日:2019年9月21日
開催場所:アマン東京 ラウンジ(東京)
参加者:45名

寄付総額:458,000円
寄付先:Blue Earth Project

寄付の使い道

Blue Earth Projectに携わる松蔭高等学校の学生に環境保護をモナコで学んでもらうための2020年度研修活動費に使用。

*Blue Earth Projectとは:
代表のウィトックの母校でもある松蔭高等学校の生徒が環境問題を切り口に女子力を生かして社会をデザインする活動です。

参加者からのコメント

娘と参加。パーティーがドラマのようで夢見心地な気持ちで感激。
来年からのBlue earth projectに参加できることを楽しみ頑張りたいと言っている。
(日本:40代女性)

生徒のみなさんもモナコでの体験を経て、自信が漲っていたように思う。
素晴らしい経験を経て、これから羽ばたいていくだろう。
(日本:50代女性)

ハイライフモナコの活動に賛同している。 少しでもお力になれれば嬉しく思う。
(日本:60代男性)

第八回 スモールイベント
MONACO NIGHT OUT

「モナコで過ごす大人時間」をテーマにしたパーティーを開催。
生演奏の歌声やモナコ伝統料理を楽しみながらのラグジュアリー空間。
トンボラ(くじ引き)ではモナコならではの豪華賞品に歓声も。

開催日:2018年5月19日
開催場所:オークウッドプレミア東京ミッドタウン(東京)
テーマ:大人のためのチャリティーパーティー
参加者:38名

寄付総額:3,360ユーロ(438,000円)
寄付先:シャルレーヌ妃財団
協力:オテル・ド・パリ

寄付の使い道

シャルレーヌ妃財団より、日本ライフセービング協会へ『溺死防止』プログラム3年目の運営費として寄付されます。

参加者からのコメント

エンターテイメントで外国人のミュージシャンのライブミュージックがノリノリでたくさん踊り楽しいひと時を過ごした。
(日本:40代女性)

トンボラのチケットをたくさん購入したがその分豪華賞品が当たり嬉しい。次回も積極的にトンボラチケットを購入しチャリティーに貢献したい。
(日本:60代女性)

過去何回かハイライフモナコが主催するパーティに参加しているが、パーティーで知り合いに会えるのも嬉しい。ぜひ次回も参加したい。
(日本:00代男性)

第七回 スモールイベント
クリスマス上映会

映画「リトルプリンス〜星の王子様と私〜」を上映。
上映前にはチョコレートやクッキー、子どもたちへのお土産用に小さなクリスマスプレゼントを用意。
映画の後には恒例のトンボラを開催。

開催日:2017年12月16日
開催場所:モナコ映画館(モナコ)
参加者:55名

寄付総額:830ユーロ(107,900円)
寄付先:グレースケリー病院小児科病棟
協力:モナコ映画館

寄付の使い道

救急ユニットスタッフのトレーニングに使用される、高い教育効果が期待できるフィードバック装置付き実物大子どもマネキンを購入する資金に使用。このマネキンを通して、スタッフは子どもへの心臓マッサージ方法や人工呼吸を学ぶことができるようになる。その他、改装工事が始まるグレースケリー病院のために作られる臨時小児病棟待合室の備品や飾り付けなどにも使用。

参加者からのコメント

笑いあり涙ありの映画で子どもも大人も楽しめてよかった
(フランス:30代女性)

見たいと思っていた映画だったのでとても嬉しかった
(男の子10歳)

映画も楽しかったが、お土産でもらったプレゼントがモナコでは見たことない可愛いもので友達と交換したりして遊べた
(女の子8歳)

第六回 スモールイベント
ホワイトダンスパーティー

親が朝食を楽しみながらチャリティーについて懇談。
その間、子どもたちは別室でプロのダンス講師からダンスの振り付けを教わり、
覚えたダンスを最後に親へ発表。

開催日:2017年9月9日
開催場所:ホテル・メトロポール(モナコ)
参加者:61名

寄付総額:1,210ユーロ(157,300円)
寄付先:グレースケリー病院小児科病棟
協力:ホテル・メトロポール、ブーツェン・デザイン

寄付の使い道

救急ユニットスタッフのトレーニングに使用される、高い教育効果が期待できるフィードバック装置付き実物大子どもマネキンを購入する資金に使用。このマネキンを通して、スタッフは子どもへの心臓マッサージ方法や人工呼吸を学ぶことができるようになる。その他、改装工事が始まるグレースケリー病院のために作られる臨時小児病棟待合室の備品や飾り付けなどにも使用。

参加者からのコメント

子どもたちが別室でダンスの練習をしてくれていたおかげで、他の親とゆっくりお話ができチャリティーの話を聞けて充実した時間を過ごせた
(フランス:40代男性)

プロから教わるダンスは学校でやるようなものと比べて本格的で楽しかった!
(女の子7歳)

こうしたイベントであれば毎週土曜に開催して欲しいくらい。次回も是非楽しみにしています
(ロシア:20代女性)

第五回 スモールイベント
イースターチャリティーパーティー

親子でイースターランチを開催。
手品やパフォーマンスを楽しむ。

開催日:2017年4月4日
開催場所:Avenue 31(モナコ)
参加者:148名

寄付総額:3,315ユーロ(430,950円)
寄付先:グレースケリー病院小児科病棟

寄付の使い道

救急ユニットスタッフのトレーニングに使用される、高い教育効果が期待できるフィードバック装置付き実物大子どもマネキンを購入する資金に使用。このマネキンを通して、スタッフは子どもへの心臓マッサージ方法や人工呼吸を学ぶことができるようになる。その他、改装工事が始まるグレースケリー病院のために作られる臨時小児病棟待合室の備品や飾り付けなどにも使用。

参加者からのコメント

トンボラの景品が豪華でシャネルの香水が当たって嬉しく、また食べ物もすごく美味しかった
(フランス:30代女性)

たくさんのゲームが用意してあり、友達とたくさん楽しんでお土産でもらえたオモチャもとても気に入った
(男の子5歳)

風船を犬の形に作ったものをもらえたし、ピザも美味しかった
(男の子4歳)

第四回 スモールイベント
クリスマス上映会

子どもたちが大好きな映画「パディントン」を上映。
映画の前にはバナナやコンポートなどの軽食、
子どもたち用に小さなクリスマスプレゼントを用意。

開催日:2016年12月8日
開催場所:モナコ映画館
参加者:100名以上

寄付総額:1,240ユーロ(161,200円)
寄付先:グレースケリー病院小児科病棟
協力:モナコ映画館

寄付の使い道

救急ユニットスタッフのトレーニングに使用される、高い教育効果が期待できるフィードバック装置付き未熟児赤ちゃん実物大マネキンを購入する資金に使用。このマネキンを通して、スタッフは未熟児への心臓マッサージ方法や人工呼吸を学ぶことができるようになる。

参加者からのコメント

見たことのある映画だったけれど、友達と一緒に楽しめてよかった
(女の子9歳)

用意してあったスナックがコンポートやバナナで健康的で親としては嬉しかった
(オーストリア:30代女性)

娘の付き添いで参加したが大人が見ても面白く、これがチャリティーにつながると思うと来てよかった
(フランス:30代男性)

第三回 スモールイベント
溺死防止を学ぶウォーターセーフティー入門

10歳以上の子どもたちを対象に、
4度のフリーダイビング世界記録保持者ピエール・フロラ氏が講義。
講義の後は実際に海へ出てレスキューボードリレーレースを開催。
終わりにフルーツなどの軽食を楽しんだ。

開催日:2016年9月21日
開催場所:モナコ水難救助センター(CSAM)
参加者:35名

寄付総額:1,050ユーロ(136,500円)
寄付先:グレースケリー病院小児科病棟
協力:シャルレーヌ妃財団、ピエール・フロラ、モナコ水難救助センター

寄付の使い道

救急ユニットスタッフのトレーニングに使用される、高い教育効果が期待できるフィードバック装置付き未熟児赤ちゃん実物大マネキンを購入する資金に使用。このマネキンを通して、スタッフは未熟児への心臓マッサージ方法や人工呼吸を学ぶことができるようになる。

参加者からのコメント

天気が悪い上にエクササイズはハードだったが、それ以上に楽しかった
(女の子11歳)

憧れのピエール・フロラに直接教えてもらえて興奮した
(男の子10歳)

チーム対抗ゲームで勝てたのが嬉しく、チームメイトとも仲良くなれた
(男の子12歳)

第二回 スモールイベント
子どもたちのチャリティーランチ

海洋博物館屋上でランチ後、特別ツアーをスタート。
英語とフランス語で海に関するアニメを鑑賞、実際に水槽内の海洋生物に
接触(人手、ウニ、ナマコ、サメなど)、スカベンジャーハント
(ヒントを元に海洋生物を探す)をする。

開催日:2016年3月9日
開催場所:モナコ海洋博物館
参加者:75名

寄付総額:1,890ユーロ(約245,700円)
寄付先:グレースケリー病院小児科病棟
協力:モナコ海洋博物館

寄付の使い道

未熟児として産まれてきた赤ちゃんに母乳を与えられるように、電動搾乳機を購入する資金の一部として使用。

参加者からのコメント

今までに何度も海洋博物館を訪れているが、特別ツアーに参加でき普段と違う一面が見られてとても興味深かった
(スペイン:30代女性)

ヒトデやウニに触ることができて嬉しかった
(女の子5歳)

子供はもちろん、親の私も勉強になった
(モナコ:30代女性)

第一回 スモールイベント
ハロウィンランチ

サッカーコートや羊などの動物もいる公園で、ピクニックランチを開催。
グループに分かれトレジャーハンティングを楽しむ。チャリティーイベントだけではなく
モナコに住む親子のコミュニティをつなぐ目的も兼ねている。

開催日:2015年10月21日
開催場所:プリンセス・アントワネット公園(モナコ)
参加者:38名

寄付総額:680ユーロ(約88,400円)
寄付先:グレースケリー病院小児科病棟

寄付の使い道

未熟児として産まれて保育器に入った赤ちゃんと、母親がいつでも視聴覚的にコンタクトができる「Baby Box」を購入するための資金に使われる。

参加者からのコメント

ブッフェが参加費のわりに美味しく子供たちはもちろん大人も楽しめるイベントだった
(モロッコ:30代女性)

トレジャーハンティングを初めてしたけれど楽しかった!
(男の子8歳)

本格的な仮装をしてきている子がほとんどで、食事も美味しく、できれば来年も開催してほしい
(イギリス:40代女性)

MOVIE

第二回 ガラディナー(開催日/2016年5月2日)

第十回 スモールイベント(開催日/2019年10月11日)