THE HIGH LIFE MONACO

ニュース

レポート

2021.04.29

寄付のご報告 – 新宿こども食堂 – 7回目の実施

みなさま、こんにちは!
ハイライフモナコ事務局のセレアです。

少し遅くなってしまいましたが、3月28日に開催されたお弁当配布の様子をご報告いたします。

4月4日と5日はモナコではイースターということで、イースター(卵)にちなんだお弁当「早稲田たかはし」さんにご用意いただきました!

左上から、「福袋」と名付けられた油揚げには、宝物に見立てたうずらの卵が入っています。子どもたちに大人気の唐揚げ鰻巻き卵、ボリューム満点のスコッチエッグ。そしてすべて手作り道明寺桜餅。どれも美味しそう!!工場で作られた市販のものとは違い、たかはしさんの愛情がこもったお弁当は美味しさが違います。

また、ハイライフモナコからのお願いで子どもたちに「チョコエッグ(中におもちゃが入ったチョコレート)」を購入して渡していただきました(齋藤さん、ありがとうございます!!)。

小さい子どもたちはもちろん、中学生や高校生の子どもたちにまで喜んでいただいたそうで、ハイライフモナコとしてもとても嬉しく思います。

また、卵がたくさんでイースターって何?という子どもたちにも

「イースターは外国のお祭りなんだよ」

と説明いただいたようで、こうしたことで外国への関心が育っていくと感じました、とご感想をいただきました。

 

<豆知識!>


こちらではイースターというと「卵」「うさぎ(イースターバニー)」が出てくるのですが、もともとイースターは「キリストの復活」を祝うお祭りです。十字架にかけられて命を落としたキリスト三日後に生き返ったことに由来します。

そのため、繁栄を意味する「うさぎ」や生命誕生(復活)を象徴する「卵」がイースターに用いられます。そして四旬節(カーニバルが終わる日:フランス語ではマルディ・グラ)からイースターまでは、肉類、乳製品、卵が禁じられていました。

*現在ではその習慣を守っている人はほとんどいません。

それが解禁となることもあり、イースターでは卵を使ったり、肉類を使った料理が多く出されます。


 

新宿こども食堂の齋藤さんから毎回丁寧かつ臨場感のあるご報告をいただき、これからも寄付を継続させていただきたいと思っています。これもひとえにハイライフモナコのチャリティー活動に参加くださるみなさまのおかげです。

次回はモナコで開催した「Cherry Blossom -Make a wish」のチャリティーイベント報告をさせていただきますね。